アマチュア戦で優勝し、自分大安心

小学生時代の会話なのですが、裏山で遊ぶか、川釣りをするか、三角出だしの「野球」をするか、そういった小学生時代でした。三角出だしの野球は、一塁という三塁というHOMEこういう三つしかない少頭数でやっていた野球だ。稲刈りをした後の幅広い田んぼは手元、直ちにできて最適でした。中学生に入って迷わず野球部に入りました。今はどうなのかよく分かりませんが当時の「達人」たちは連日発達後に下級生に「説教」するのがお気に入りでした。その局面はぐったりでしたが野球そのものはお気に入りでした。あの、バットの真っ芯にボールが当たったときの感じ、左中間を引き抜ける長打、ひとまず味わうとそのポイントには抗えないというムードでした。二学年の後半に入った辺りでしょうか。正式に部分が決まり自分は正捕手になりました。キャッチャーミットの感じ、マスクの感じがユニークでした。ピッチャーは学年で最高アクセスの速かったNさん。体のばねのせいか、彼のボールだけは激しく音を立てました。何より彼のシュートボールを打てる奴は結構いませんでした。顧問の先生は彼に直球、曲線、シュート、こういう三つの球材質だけ発達をするように提案しました。自分にもミットの中で生みだす兆候は三つにしました。複雑な品物や、投げ入れるのに駄目の加わることを避けたのではないでしょうか。私の案内は「インプレッション」でやりました。も意外にうまく行くことが多かったのは、彼の球威があったからです。公的遊戯も五校だけでした。アマチュア戦で優勝し、自分大安心しました。但しその後は、準優勝立ち寄り。結果県内ビッグイベントに行くことはできませんでした。昨今思えば一度も発達を休んですことがなかったような気がします。そんなに野球が好みだったのだと思います。でも。あの。「下級生は上級生の言うことを聞かなければ罰せられるのは当然です」という「伝統」は人肌に合わなかったのです。ハイスクールではよっぽど野球をする気になれませんでした。バンドづくしの身辺を送りました。加えれば、あの「硬球」を触ったシチュエーション、「これで野球をするのか」という少々「びびった」結果かも知れないのですが。