描かれた朴訥に見える人はゴッホ自身

世界的に有名な画家、ゴッホには兄をやけにかわいがり、慕っていたテオという弟がいたことはご存じだと思います。ゴッホは家計を突き立てるために行ないましたが、うまくいかないことが多く、総合ではないにせよ、テオの一助に頼っていたといった書いてあったって出来事します。ただしゴッホは絡みました。きっちり憶えているのは、ゴッホが書店の店員として働いたときの裏話だ。一本気とも言えるゴッホは、自分が良しとしていない雑誌をユーザーが買おうとすると、こんな雑誌は読まない方がいいと言っていたそうです。店員は雑誌を並べるのが本業ですから、さすが店主にとっては妨げになるわけです。結局、ゴッホは解雇告知を受け、解雇されます。こういうゴッホの取った事項、自分に賛同できないことには黙ってはおれず、相手に科白で当たる、感想によっては社会的な自分の舞台を無視している、内面をいつもふさわしいという集まりだろう、様々に言えると思います。ただ、実態はともかくとしてこういうゴッホの姿は純粋と言えないでしょうか。ただし、社会的には疎外されていきます。おそらく生きにくかったと思います。「鬼才としてのゴッホ」ではなく「人間としてのゴッホ」という瞳で見ると恋人の初期の作「ジャガイモを採り入れる人々」に描かれた朴訥に見える人はゴッホ自身のような気もしてくるのです。M性感風俗なび|痴女・フェチ・SM系情報サイト