母さんがよく聴いていたレコードがありました。

自身は昭和32カテゴリー出生ですので、来季で還暦を迎えます。本当に暇は非情な存在かという体感が一番凄いのです。どうしてもときの経つのは早過ぎます。一方不思議なもので新鮮な記憶は事あるごとにのぼり現われて来る。色々な風景でその時経験したことや、情景や台詞なども浮かんでくる。者は不思議なアニマルですなと思います。さて、私の幼少からの生態は俗にいう母子所帯でした。人間三人の兄弟はそれが当たり前だと思って育った気がします。思春期から青年期にわたって実に父皆無という事が気になる時もありましたが、基本的には何も変わらなかったと言っても良いと今は思っています。私の母親には十人の兄弟がいました。母親が近しくした同年頃のいとこもいました。その母親のいとこに、常に酒臭い豪傑風のオッサンがいたのです。昔は色々親族が集まっていたものです。そのオッサンはいよいよそんな場もお酒を飲んで大きな分厚いサウンドで話していました。母親から話を聞くと、陸軍士官学院卒で、教官を勉め、校長職を何度か先輩だそうです。人間三輩兄弟にとっては声の高いひどいオッサンでした。そのオッサンは私たちの見かけを見付けると必ず次の台詞を口にするのでした。「お前たちの母ちゃんは、嫌なことがあってもちっとも気にしない妻だった。ですからお前たちはそうやって育つことができたんだぞ」という。いかに酔っぱらって、ろれつが回らない時も、このように話すのでした。現下思えば、こういう台詞は母親への一つのコピーアンドペーストだったのかも知れません。母親が動機付けあって父という離別したものの、愚痴内こぼさなかったのを知っていたのかも知れません。母親の人材はそういう人材だ。小さい例年を同時に過ごしたいというこういう考えに叔父は奥深い力を持っていたのではないかとこの頃思えて来たのです。私たちの日々をバッチリ見守って来てくれたのかも知れません。高齢になった母親を診ていらっしゃる姉が昔のモノクロの映像を取り出して言いました。これを映像屋氏にとって行って引き伸ばして買うことにしたといった。その映像に写る母親は、女学校の制服だ。恐らく17歳ごろの映像だ。父母という兄弟、そうしていとこが写っていらっしゃる。一番後ろの左手写っているのがこういう叔父だ。大学生帽ものの帽子に詰襟だ。母親は年老いてからは昔の対談を多くするようになりました。事柄は人材だと感じました。九十歳になっても小学生の五年生で習い歌った歌をワンポイントもたがわず歌います。その母親がこんなことを話したことがあるのです。太一は光子と結婚したけど、その前に自身に何かと声をかけていたんだといった。叔父は母親の実の次女という結婚したのです。いとこ同士の結婚式もこの時代にはめずらしくなかったのでしょう。叔父において母親は片想いじゃなかったのかというバーチャルまで湧き上がってくる。叔父が人間に繰り返しヤツたあの台詞は人間が想うによって深かったのかも知れません。話は変わりますが、母親があるシングルレコードを買ったことがあります。「勿忘草を者へ」というEPバージョンでした。静かな通路でステレオからの歌を聞きながら一緒に口ずさんでいました。母親の心には誰の形相が浮かんでいたのでしょうか。歌の市場に入っていくことが歓びだったのでしょうか。他人には見えない母親の暇だったのではないでしょうか。http://merrow.eek.jp/

見ていると好きなタレントくんも出来てくる

今どき我々は韓国ドラマにハマっています。
あの冬のソナタが流行っていた間は大層なかったのですが、こっち2、3歳であっという間にきました。
元々夫人が見ていたので、時折見てはいたのですが、最近では自分で録画して見るようになりました。
私の恋人がまた我々って付き合う前から韓国ドラマにハマっていたみたいで、なんともレンタルして観ていたみたいで、遥かに我々よりもわかり易いだ。笑
我々に大好きをオススメしてくれるくらいですから。笑
我々は時世劇はふと拒否でして、現代商品が好きです。現代商品も明るくてポップな商品って、暗めでどろどろした商品がありますよね。出来れば明るくてポップな商品が好きですね!
も、韓国ドラマは大体が似たような条件で、どっかのオフィスの代表の幼子と、一般家庭の苦労して生活している箇所の幼子が恋に発展して、オフィスがごたごたして…というケースが多いですね。
そういった開設って分かってはいるけどなんとなくハマって仕舞う韓国ドラマのこわい箇所。笑
そうして必ずや1者は、嫌ーなものが出てくるという。はたしてムカつくんですけども。笑
見ていると好きなタレントくんも出来てくるのでおもしろいだ。それでも、あんまり氏名は憶えられませんね。
こんなにもドラマ見ても、韓国語も覚えません。韓国語憶えられたらいいんですけどね。ハプバーの攻略ならこのサイト

我々は十両の宇良が好き

大相撲名古屋会社13日光視線に2敗同士の大関奇勢の故郷といった横綱日光馬の富士が勝負、日馬の富士が勝ちし、3敗となった奇勢の里の綱受けとりは悲惨となりました。
個人的には奇勢の故郷には横綱になるのは難しいと思っています。
横綱は舞台の上、そうして舞台の外部も横綱としてのルーチンがあります。
奇勢の故郷は人見知りというか、おとなしいというか、消極的なムードがあります。
相撲界が邦人横綱を出したいという気持ちは聞き取れるんですけど、出すように横綱にしたところで奇勢の故郷が大変になるだけです。
もちろん、自分だって邦人横綱が現れてほしい、それでも奇勢の故郷じゃない、琴奨菊もないんです。
今の大関の中では照ノ富士が後で横綱になるでしょう。それでも彼氏ははモンゴル方だ。
じゃ誰が横綱になるのか?現時点とりわけ上に上がれると思える若手は正代とか御嶽海、まだまだ幕下ですけど小柳ところは人体も立派で達人直感があります。
我々は十両の宇良が好きですけど、人体も凄まじくないし残念ですがあんなケースではないです。
今の上位陣にはカテゴリー類にも限界があります。そうして、強い横綱と同じ年だったことが破壊だったのかもしれません。
なので、白鵬や日馬の富士などの横綱がスタミナが落ちて生じる頃に上がって現れる方が多分横綱になると思います。
国中横綱は後数年はお預けだ。http://www.intothecurrent.org/

アマチュア戦で優勝し、自分大安心

小学生時代の会話なのですが、裏山で遊ぶか、川釣りをするか、三角出だしの「野球」をするか、そういった小学生時代でした。三角出だしの野球は、一塁という三塁というHOMEこういう三つしかない少頭数でやっていた野球だ。稲刈りをした後の幅広い田んぼは手元、直ちにできて最適でした。中学生に入って迷わず野球部に入りました。今はどうなのかよく分かりませんが当時の「達人」たちは連日発達後に下級生に「説教」するのがお気に入りでした。その局面はぐったりでしたが野球そのものはお気に入りでした。あの、バットの真っ芯にボールが当たったときの感じ、左中間を引き抜ける長打、ひとまず味わうとそのポイントには抗えないというムードでした。二学年の後半に入った辺りでしょうか。正式に部分が決まり自分は正捕手になりました。キャッチャーミットの感じ、マスクの感じがユニークでした。ピッチャーは学年で最高アクセスの速かったNさん。体のばねのせいか、彼のボールだけは激しく音を立てました。何より彼のシュートボールを打てる奴は結構いませんでした。顧問の先生は彼に直球、曲線、シュート、こういう三つの球材質だけ発達をするように提案しました。自分にもミットの中で生みだす兆候は三つにしました。複雑な品物や、投げ入れるのに駄目の加わることを避けたのではないでしょうか。私の案内は「インプレッション」でやりました。も意外にうまく行くことが多かったのは、彼の球威があったからです。公的遊戯も五校だけでした。アマチュア戦で優勝し、自分大安心しました。但しその後は、準優勝立ち寄り。結果県内ビッグイベントに行くことはできませんでした。昨今思えば一度も発達を休んですことがなかったような気がします。そんなに野球が好みだったのだと思います。でも。あの。「下級生は上級生の言うことを聞かなければ罰せられるのは当然です」という「伝統」は人肌に合わなかったのです。ハイスクールではよっぽど野球をする気になれませんでした。バンドづくしの身辺を送りました。加えれば、あの「硬球」を触ったシチュエーション、「これで野球をするのか」という少々「びびった」結果かも知れないのですが。